« 罠にはまる | トップページ | サンタがやってきたようだ »

午後の紅茶

クリスマスを控えた日本橋の昼下がり。お江戸雰囲気で売ってるこの街も、このときばかりはクリスマスツリーやオーナメントで飾り立てられ、行き交う買い物客やサラリーマンが、一時的といえども景気の悪さを忘れさせる。

産休を目前に、わたしの出勤もあと残すところ3日間。

同業他社の妊婦友(1歳の長男アリ)、ありまっとも同じくあと数日。

ここはひとつ、「クリスマス忘年出産激励長男の育児について語るの会」を催そうと相成った。

ともに酒飲み・うまいもの好きゲテモノ可という基本的性向は同じで、普段のランチ会ならそこらの定食屋。

しかし、きょうは「クリスマス忘年出産激励長男の育児について語るの会」なのだ。繰り返しますが、「クリスマス忘年出産激励長男の育児について語るの会」。ともに今、息子は保育園。こんなのんびりランチも、産めば数カ月はないのである。

我々が向かったのは、 「マンダリンオリエンタル東京」、38階ラウンジ。

マンダリンオリエンタル東京

オーダーは、「アフタヌーンティー」。

アフタヌーンティー?ここまでひっぱっておいて?「クリスマス忘年出産激励長男の育児について語るの会」なんでしょ?
皆様のいぶかる気持ちはわかります。
しかし、マンダリンです。あのマンダリン。
お値段を聞いてください。

4200えん(税別)。

茶と茶菓子ごときに、

4660えん(税込み)。

そりゃ、ありまっとの唐突な提案に、わたしも最初は尻込みいたしました。しかし、何と言いますか、何事も経験というか。クリスマスだし。自分も浮かれたい。まだ独り身の頃は夜な夜な飲み歩いていたが、飲み会の支払いは5000~6000円、当たり前のように支払ってたもんなあ。たまにはこんな冒険しても、許されるだろう。

38階ティールームは、明るい日差しに包まれ、ゆったりとしたソファ席がゆったりと配置されていた。ガラスの壁面からは東京の街が一望に。スペース一帯は、紅茶のかぐわしい香りで満たされている。異常なまでに日本人風な物腰の英国人(たぶん)おじさんが、席までエスコートしてくれた。

まず、ドリンクリストを手渡される。
アッサム、ダージリンなど定番をはじめ、ホワイトクリスマス(だっけ?)やマンダリンブレンド(だっけ?)などオリジナルのフレーバーティー、そしてコーヒー関連など、計40種類くらいはあろうか。飲み放題です。

とりあえずダージリンをオーダーする。うーん、うまい。いや、これが本当においしかった。紅茶を心からおいしいって思ったの、生まれて初めてかも。

そして、以下のものたちが、順々に我々のペースに合わせてゆっくり出てきました。(記憶が曖昧なため、一部捏造)

①スモークサーモンと卵、生ハムとルッコラ、ドライトマトときゅうり-3種のサンドイッチ(ほとんどカナッペみたいだったけど)
②スコーン2種(プレーンとオレンジピール)にクロテッドクリーム、ばらジャム、マンゴーソースの3種のソースを付けて
③いちごのババロア風ケーキ
④一口大のケーキたち-いちごパイ、キャラメルプリン、モンブラン、マンゴームース、ナッツチョコ、ゼリー菓子

紅茶は5杯くらいいただきました。どれも本当においしくて、感激。サンドイッチや菓子もおいしかったが、雰囲気を差し引けば、まあ、そんなもんというレベルか。紅茶がすべてだったような気がする。過日のジョナサン飲み放題380円と、実力の違いがよく分かった。

ゆったりとした空間の中、2時間くらいはしゃべっていただろうか。
満足であります。
ちなみに我々、勤務時間中。

こんな異空間だったが、店は有閑マダムと子持ちセレブで満席だった。この人たち(あるいはダンナ)、何やってる人たちなんだろう…。こいつらに子育て支援は不要だな。我々はもらうけど。ホテルを出たとたん、鰹だしのきいたかけそばをかっこみたくなったのは、なぜなんでしょうか。

こうして、残り3日間の出勤のうち1日はこんなに有意義に過ぎた。
あと2日間、どうサボる…いや、有意義に過ごそうか。

※写真を撮ろうとカメラは持って行ったが、とても撮る雰囲気ではなく断念。ほかの人のブログの写真を参考にしてください。「マンダリン アフタヌーンティー」で検索するとたくさん出てきます。

|

« 罠にはまる | トップページ | サンタがやってきたようだ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

うまかったのう…茶…
心残りは「ホワイトクリスマス」を試せなかったこと。口がいい加減甘かったところに、「甘いお茶」みたいな説明があったもんで、ひよってもた。おいしかった?
ちなみに私も、帰路すんでのところで立ち食い蕎麦に寄るところだったぜ。つゆくれ、つゆ!って感じだったなあ。

投稿: ありまっと | 2009年12月25日 (金) 10時30分

ホワイトクリスマス、味が甘いというより香りが甘かった。そう、やっぱあのアテだと定番茶が合ったと思うわ。単独で飲むなら試してみたいフレーバーティーたくさんあったけど、どうもマリアージュを考えるとなあ。
また行こう!…とはならぬのう。マンダリンさん、夢のひと時をありがとう…。

投稿: まるあ | 2009年12月26日 (土) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 罠にはまる | トップページ | サンタがやってきたようだ »